デンタルカレンダー

子どもの歯を守るデンタルカレンダー

「歯」とは赤ちゃんのときからのずーっと長いお付き合い。
ずっと自分の歯で食べていけたらとっても幸せですよね。

そんな「歯」にまつわることがらをカレンダーにしてみました。

デンタルカレンダー - 乳児

生後 6〜7ヶ月

この時期になると、そろそろ下の歯が萌えてきます。大事な乳歯を守るため、フッ素塗布をしましょう。

※「フッ素塗布」の時期は、歯が萌えてからなるべく早くがオススメです。

「フッ素塗布」で歯の質を強化しましょう!


*

1歳 0ヶ月

いよいよ上の前歯も萌えてきます。
大事な乳歯を守るためにも、2度目の「フッ素塗布」をしましょう。


*

1歳 6ヶ月

奥の溝のある歯が萌えてきます(第1乳臼歯)。溝うめのシーラント虫歯予防をしましょう。

また一緒に、3度目の「フッ素塗布」もどうぞ。フッ素塗布は、1年に3〜4回行うのが、虫歯予防と歯の質強化に最も効果があるんですよ。

※この頃までほ乳瓶で甘い飲み物を飲んでいると、前歯が虫歯になってしまいます。歯医者さんでチェックしてもらいましょう!


*

*

デンタルカレンダー - 幼児

3歳

3歳までに子供の歯並びが萌えそろいます。この頃までに一番奥の第2乳臼歯が萌えてきます。

第2乳臼歯は、小学校高学年まで使う大事な歯です。溝うめの「シーラント」で虫歯予防をしましょう。

また、上顎(うわあご)10本、下顎(したあご)10本、全部で20本萌えそろうこの頃は、次のような箇所にに虫歯ができやすくなります。

  • 【1】歯と歯の間
  • 【2】奥歯の噛む面の溝

【1】に対してはお母さんの仕上げ磨きでデンタルフロス(糸ようじ)を使って予防しましょう。

【2】については、「シーラント」をしましょう。


*

*

デンタルカレンダー - 児童

6歳

一番奥に6才臼歯といわれる大きな大人の歯が萌えてきます。

萌え始めの大人の歯は特に溝が深く、また萌え揃うまでに何ヶ月もかかるため、とても虫歯になりやすい歯です。
「シーラント」による溝うめと注意深いブラッシング、そして「フッ素塗布」をしましょう。


*

12歳

大人の歯は、12才に萌える12才臼歯が萌えるまで次々と萌えかわります。

大人の歯とはいえ、萌えたばかりの歯は虫歯菌に対する抵抗力が弱く、溝がとても深いのが特徴です。

大人になっても虫歯なしでいるために、この頃まで4ヶ月おきに、「フッ素塗布」「シーラント」のチェックをしてください。


*

*

デンタルカレンダー - 思春期

中学生〜高校生

お口の中が健康でないと、勉強やスポーツにも影響します。

また、部活や受験勉強などが忙しく、せっかく虫歯がなかったお子様も歯ブラシを怠って虫歯ができやすくなります。この時期にはすでに永久歯列(大人の歯並び)が完成しています。

思春期は虫歯だけでなく、ホルモンの働きで歯肉炎にもなりやすくなります。半年に1度の「定期検診」で歯ぐき(歯肉炎や歯周病など)と虫歯をチェックしましょう。

小さな頃からお口の健康を保つ習慣をつけて、80才になっても20本以上自分の歯でおいしく食べられる豊かな人生を送りましょう!


*

*

診療のご案内