インプラント - 歯ごたえや噛む喜びがよみがえるインプラント治療による快適な生活を。

Oral Implant - インプラント治療

Implant's Step - インプラント治療完了までの流れ

インプラント治療を始めるうえでの診断から手術にいたるまでの流れは、概ね次のように実施します。

STEP1 治療に関するヒアリングと説明

最初に患者様の現在の口腔内の問題点や悩み、不安などをヒアリングします。
ヒアリングした内容をもとに、インプラント治療によってそれらがどのように解決できるのかを写真や模型などを用いてご説明します。

口腔内の状況や、その他の全身疾患によってはインプラント治療の前に他の治療をお勧めすることもあります。

STEP2 精密検査(CTによる3次元口腔内シミュレーション)

精密検査(CTによる3次元口腔内シミュレーション)

STEP2 精密検査(CTによる3次元口腔内シミュレーション)

インプラントを埋め込む顎の骨の量や質、形を診査する必要があるため、インプラントの埋入位置を精査する「ステント」を作成したり、レントゲン撮影を行ったりします。

顎の骨の状態によっては、CT撮影が必要になる場合もあります。


STEP3 治療に関する説明

精密検査の結果を基にして今後の治療計画を立て、精密検査によって得られた資料を提示しながら治療詳細をご説明します。

STEP4 手術前の処置

虫歯・歯周病がある場合や口腔内の衛生状態が悪い場合は、インプラント手術の前に治療やクリーニング、ブラッシング指導などを行う必要があります。
治療をせずに手術を行ってしまうと、インプラントを埋入したあとに「インプラント周囲炎」などを引き起こしてしまう可能性があります。

STEP5 歯肉保護塗布

インプラント埋入

STEP5  1次手術(インプラント埋入)

インプラントを顎の骨に埋入する手術を行います。

麻酔をしてから骨を削り、インプラントを埋め込んで粘膜を閉じます。
麻酔を使用するため、痛みはありません。

手術後、骨とインプラントが結合するまでに上顎は4~6ヶ月、下顎は2~4ヶ月必要になります。
虫歯の治療や歯のクリーニングは、この期間を利用して行います。


STEP6 2次手術(インプラントの頭出し)

歯肉によって閉じられているインプラント上面のキャップを露出させ、骨との結合を確認します。
麻酔を使用し、歯肉を大きく開くこともないため、腫れや痛みはあまりありません。

*結合の度合いによっては再び歯肉で蓋をすることもあります。

STEP7 仮歯装着

仮歯を作成して装着していただき、歯肉が治癒するのを待ちます。

また、その間に人工歯(本歯)の作成に向けて仮歯の使用感や噛み合わせなどを確認します。噛み合わせや強度などに問題があれば、データ収集のために報告してください。

STEP8 印象採得(型採り)

歯肉の治癒と安定を確認してから、人工歯(本歯)を作製するために印象採得をします。

2次手術から、おおよそ2~3週の期間をおいて実施します。

STEP9 開口器取り外し

人工歯(本歯)装着・治療完了

STEP9 人工歯(本歯)装着

仮歯の使用によって得たデータをもとに本歯用の型を採り、歯並びや色などを考慮して本歯を作成します。

インプラントの土台であるアバットメントを立て、作成した本歯を装着し、インプラント治療完了となります。


STEP10 メンテナンス

歯肉や他の歯の状態は少しずつ変化していくため、口腔内の状態に応じて1~6ヶ月に1度の間隔で定期点検とメンテナンスを行います。

インプラントを定期的に調整することで、快適な使用感を保つことが可能になります。

診療のご案内