歯周病治療 - 毎日のブラッシングと適切なケアで大切な歯を守りましょう。

Peropdontal Treatment - 歯周病治療

歯周病とは?

歯周病は、決して年齢からくる老化現象ではありません。

痛みがなく・自覚症状が少ない、慢性病、生活習慣病のひとつです。

そのまま放っておくと・・・
大切な歯を失う原因になります。

歯周病は、早期発見と対応が歯をなくさないために一番重要です。

歯周病チェックポイント

歯周病チェックポイント

まずは、あなたの気になるお口の状態をチェックしてみましょう!

  • 歯を磨いた時に、歯ブラシや唾液に血が見られる
  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 最近口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食物がはさまりやすい
  • 歯茎(歯肉)が時々はれたり、痛んだりする
  • 歯茎(歯肉)が赤色、紫色になっている
  • 硬いものを噛むと痛い
  • 冷たい水がしみる
  • 疲れると歯が浮いたような気がする
  • 歯が長く見える(出っ歯になった)
  • 歯茎(歯肉)がムズ痒い
  • 歯茎などから膿(うみ)が出る

チェックの数はいくつになりましたか?

  • 0コ:あたなの歯茎は健康です。
  • 1~5コ:一度、歯周病の検査を受けてみましょう。
  • 6~12コ:おそらく歯周病だと思われます。早急にご相談を!

歯周病治療の流れ

あきらめず、一緒に大切な歯を守っていきましょう!

STEP1 歯周病検査

まずはお口の状態を検査します。

レントゲン検査や歯周ポケットの深さなどの検査して、歯周病の状態を診断します。

STEP2 検査結果をお話しします

「歯周病とは何か?」「現在の歯周病の状態」「治療の流れ」についてお話します。

STEP3 歯ブラシ指導

歯ブラシのあて方、動かし方などについて、歯周病の状態に合わせた歯ブラシの方法をお話します。

このブラッシング方法をマスターするだけでも、歯肉の炎症がおさまる場合もあります!

STEP4 初期治療

歯についた歯石を口腔内から徹底的に排除します。

場合によっては麻酔をして、できるだけ痛みの少ないように治療しております。

また虫歯などがある場合は、同時に治療を実施して、お口の中を清潔な状態に回復させていきます。

STEP5 再検査

STEP3~STEP4の治療を一通りしていただき、再度検査をします。

ほとんどの方が、初めの検査結果よりも改善され、歯や歯肉の状態が良くなります。

また改善された部位などを説明させていただきながら、今後の治療の進め方についてお話していきます。

STEP6 メンテナンス

今後も健康な状態を保つためにも、定期的な検診をして、クリーニングをしていくことがとても重要です。

患者様のお口の状態によって期間を設定してメンテナンスすることをオススメしています。

診療のご案内