小児歯科・小児矯正治療 - ムシ歯のない白い歯。整った歯並びと正しい噛み合わせー それはどもたちの一生の財産です。

Pediatric Dentistry - 小児歯科・小児矯正治療

小児矯正治療

子どもの歯並びについて

「将来的に矯正治療が必要になるのか?」「いつから矯正を始めればいいのか?」など、お子様の歯並びが心配で困っていませんか?

子どもの歯並びは、日常生活のクセが影響します。
おしゃぶりや、指しゃぶりを長い間していると、出っ歯やうけ口の要因になったり、歯並びが悪くなったりします。

不揃いの歯は磨きにくいため、虫歯や歯周病も起こりやすくなります。

子どもの歯科矯正は、歯並びの状態によって、治療の時期が異なりますので、ぜひご相談ください。

矯正治療について

矯正治療は、上と下の歯の噛み合わせを良くすることにより、健康的な美しい歯並びを作り上げます。
単に見た目だけではなく、食べ物をかみやすくしたり、虫歯や歯槽膿漏を予防するのに役立ちます。

また矯正治療によって口元を整えたり、正常な顎の発育を助けることに役立ちます。

矯正治療は、虫歯の治療とは異なり長い治療期間を必要とします。
これは、子供の成長に合わせて、大人の歯並びを作り上げていくためです。

矯正治療の流れ

矯正治療を始めるうえでの相談から治療までの流れは、概ね次のように実施します。

STEP1 矯正相談

矯正治療の必要性や時期、治療のあらましを説明します。

STEP2 矯正検査

口の中や顔の写真、レントゲン写真を撮ったり、歯形をとったりなどの検査を行います。

この際、必要に応じて問診表をお渡ししますので、次回までに必要事項を記入の上、お持ちください。

・・・各種問診表ダウンロードはこちら

STEP3 矯正診断

検査の結果(写真、模型、レントゲン写真をもとにしたコンピューター分析、必要に応じて顎の機能分析、筋機能分析)により、今後の治療装置や治 療期間など詳しい説明を行います。

治療装置は、個人の成長、発育あるいは使用状況により途中で変更される場合があります。

治療期間においても、個人の成 長、発育、装置の使用状況、歯や顎が動くスピードにより長引く場合があります。

STEP4 治療期間(動的治療期間)

子供の場合は、治療を2段階に分けて行うことがあります。

<第1期治療期間>

前歯だけを先に治療したり、うけ口を治したり、歯の交換や顎の成長のコントロールを先におこないます。

通院は、2週間から2ヶ月に1回です。但し、症例により異なります。

<第2期治療期間>

通常は、ある程度の永久歯がはえそろい、顎の成長が終わってから開始します。
歯並びを整える仕上げの治療です。

通院は、1ヶ月から2ヶ月に一度です。但し、症例により異なります。

STEP5 筋機能訓練

舌の癖などの歯並びに影響を及ぼす悪い癖がある場合、発音障害、嚥下障害等が認められる場合は、筋機能訓練を受けていただきます。
※悪習慣を訓練により、しっかり治さないと、矯正治療がスムーズに進まないことがあります。また、矯正治療後の後戻りが起こりやすくなります。

基本的には2週間に1回、6ヶ月コースですが、年齢やレッスンの進行状況により変更することがあります。

STEP6 予後観察(保定期間)

装置をはずしてそのままにしておくと、歯並びは元の悪い状態に戻ろうとします。

そのため、後戻り(元の歯並びの悪い状態に戻る)を起こさないように動的治療終了後、保定装置を入れます。

自己管理で、指示したとおりに使っていただきますが、この装置を入れないでおくと、今までの治療がすべて、元に戻ってしまうの で注意しましょう。

通院は1ヶ月から2ヶ月に一度です。再治療の際には、再度治療費がかかりますので注意してください。

矯正装置装着の注意点

矯正装置前の注意点

  • 1.矯正装置を装着前までに、指導を受けたブラッシング法でしっかりと歯磨きをして、歯ぐきを健康な状態にしておいてください。
    ブラッシングが十分に行えない場合は、装置の装着が延期となる場合があります。
    歯肉炎や歯周病がある場合も、装着できないことがあります。
  • 2.虫歯の治療を受け、すべて終了させておいてください。

矯正装置後の注意点

  • 1.指導を受けたブラッシング法でしっかりと、歯磨きをしてください。
    (装着後に、虫歯、歯肉炎、歯周病が認められた場合、一時的に装置をはずすことがあります。)
  • 2.指示された期間を守り、定期検診を受けましょう。
    予約日を変更される場合は、早めにご連絡をお願いします。
    予約日が守られない場合、歯列不正が改善されなくても保証できかねる場合がありますので、出切るだけ予約日をお守りください。
  • 3.装着後の痛みが強い場合はご相談ください。

診療のご案内