小児歯科・小児矯正治療 - ムシ歯のない白い歯。整った歯並びと正しい噛み合わせー それはどもたちの一生の財産です。

Pediatric Dentistry - 小児歯科・小児矯正治療

先天性欠如とは?

先天性欠如について

先天性欠如(せんてんせいけつじょ)は、歯の形成異常の1つで、うまれつき歯の卵(歯胚)がなく、生えてくることがありません。
通常、乳歯は20本、永久歯は28本ですが、先天性欠如の場合は全て揃いません。

歯が生えてこないことが原因で、
歯並びや噛み合わせなどに異常をきたし(すきっ歯)など、
咀嚼(噛むこと)がうまくできない場合も起こります。

また、噛み合わせが悪くなることから、歯周病をひき起こすこともあります。

前歯の先天性欠如では、見た目にコンプレックスを持つことも多いようです。

■よく起こる部位

1.第2小臼歯(前歯から5番目)
2.側切歯(前歯から2番目)

最近では約1割の子どもに欠如を認めたという調査もあります。

■原因(未だ未知の部分が多い)

食生活の変化による退化現象ではないかとも言われていますが、原因は解明されていません。

治療方法

早いうちから、先天性欠如を知っていれば、乳歯を大切にして、永久歯の代わりに残すことができます。

しかしながら、自然に抜けてしまったり、抜歯をせざるを得ない場合は、歯のないスペースを矯正治療で閉じたり、歯のない部分にブリッジや入れ歯、インプラント治療などをし、見た目(審美性)や機能の回復をします。

レントゲンで見つけることができますので、早いうちに欠如歯の有無を確認し、準備をしておくと安心ですね。

また、最近では、先天性欠如のある女性は卵巣ガンのリスクが高くなるという報告もあります。
卵巣ガンは非常に見つけにくい、発見しにくいガンと言われていますが、リスクが高いことを知っておくと、定期的に検診を受けて確認することができます。

診療のご案内